ファクタリングの正しい考え方とは何か

TOP > ファクタリングについて > ファクタリングの正しい考え方とは何か

ファクタリングの正しい考え方とは何か

会社を経営していると、商品を売却することがありますがこの場合にはのちに現金を手に入れることになります。
通常の個人で行う取引きとは異なりお金が入ってくるまでそれなりの時間がかかるわけです。
一般的には小切手ないしは手形を利用するときでも 1カ月から2カ月程度はタイムラグがあると考えてよいでしょう。
90日手形を使うことにより3カ月間お金が入ってこないことがあります。
ある程度大きなお金動かしている場合でしかも資金が余り十分でない場合にはお金が手に入るまで営業することができなくなってしまう可能性も否定できません。
このような場合には、どこかからお金を借りる必要がありますが、お金を借りると審査などに時間がかかってしまうかあるいは金利が高くなってしまう可能性があります。
そこで、ファクタリングを利用することで、比較的容易に短い時間でお金を手に入れることが可能です。


ファクタリングには大きく分けて買い取り型と保証型の2種類がありますが、このうち買い取り型を説明していきます。
買い取り型とは一般的に行われているファクタリングで、多くの人がファクタリングと聞いて思い出すものがこの買い取り型になります。
企業が売掛金を所有していながら早期に現金を回収したい場合には、買い取り型ファクタリングを利用すると即日か翌日ぐらいまでには現金を回収することが可能です。
買い取り型とも名前の通り、完全に売掛金をファクタリング会社に渡してしまいます。
いわゆる債権譲渡と呼ばれる形になりますので、この方法ならば確実に現金を手に入れることができるわけです。
ただ、2者間で行う場合には債権譲渡しません。
いずれにしても、債権譲渡の有無はありますが買い取ってくれるのは間違いないところです。


ファクタリングの中でも、保証型と呼ばれるものも存在しています。
保証ファクタリングは、すぐに現金を必要としない場合に利用しやすいのがポイントでしょう。
つまり、相手の会社が倒産した場合に初めて保証がきいて現金を手に入れることができるようになります。
例えるならば、自動車の保険と同じような感じです。
自動車の車両保険に入っている人ならば理解しやすいかもしれませんが、自動車の車両をぶつけたり廃車にしてしまった場合初めて保険が下がるのと同じです。
この保証型の欠点としては、すぐに現金を手に入れることができないことでしょう。
企業としては、すぐに現金を手に入れなければ倒産してしまう可能性があるところも否定できません。
急ぎの場合には買い取り型を使い、もし急いでいなくてしかも確実に現金を手に入れたい場合には保証型のファクタリングを使うとよいでしょう。