ファクタリングを上手に利用する方法

TOP > ファクタリングについて > ファクタリングを上手に利用する方法

ファクタリングを上手に利用する方法

事業資金が不足しているけど、事業ローンで調達するのが困難な状況になることはあります。
クライアントに商品納品をしたけど、代金の支払いまで2ヶ月あるという状況では、資金に余力がなければ安定した運営は厳しくなります。
事業ローンはつなぎ融資にも対応していますが、借入総額が大きくなりすぎると追加融資を受けられません。
そんなときに役立つのがファクタリングで、売掛金を担保にして資金調達を受けるわけです。
ローンの一種と解釈されることが多いですが、売掛金の請求権を譲渡するのでローンではありません。
ただ一部の金融機関ではローンと表記していることがあります。
手数料はローンと比較して高いですが、緊急時に現金を調達できるメリットは大きいです。
ファクタリングを活用するときは、金融機関の手数料を比較して安いところに申し込んでください。


ファクタリングのメリットは審査がそれほど厳格ではないこと、審査対象がクライアントであることです。
クライアントの信用力が審査通過の可否を決定しますので、滞りなく期限まで支払いができているクライアントが相手なら、ファクタリングの審査に通過できる確率は高いです。
逆にたびたび延滞しているクライアントならば、資金がおりない可能性があります。
近年はファクタリングが急速に普及しており、利用者が増えていることがわかります。
それに伴って怪しい会社も増えてきていますので、必ず企業ページを確認してから決めてください。
理想的なのは普段利用している金融機関がファクタリングを用意していることで、これなら騙される心配はありません。
事業ローンに力を入れている金融機関は、ファクタリングを用意していることが多いです。


ファクタリングのシステムには2社間と3社間があり、クライアントに売掛金譲渡の件を知られたくない場合は2社間、少しでも手数料を安くしたい場合には3社間が適しています。
2社間では申込者とファクタリング会社との取引になりますので、クライアントには秘密にできるわけです。
売掛金の譲渡に対して悪印象を抱くクライアントはいますので、知られたくない場合は2社間で契約するとよいでしょう。
3社間の場合はクライアントにも知らせた上での契約となりますが、2社間の場合より手数料を抑えられる特徴があります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、都合に合わせて自由に選んでください。
手数料はファクタリング会社によって2倍以上変わることはよくあるので、どの会社を利用するかが非常に重要です。