ファクタリング業者選びで大切なポイント

TOP > ファクタリングについて > ファクタリング業者選びで大切なポイント

ファクタリング業者選びで大切なポイント

ファクタリング業者は国内に複数あるために、会社ごとのサービス内容を比較して依頼先を判断するべきです。
金融機関から融資を受けることが困難なときに頼りになる会社が、ファクタリング業者です。
業者選びで大切なポイントの1つは、スピードです。
ファクタリングでは売掛債権を譲渡する代わりに、現金を受け取れます。
重要な点はすぐに現金が手に入るかどうかで、時間がかかってしまうと会社の資金繰りが苦しくなります。
スピーディーに現金化できるかが重要で、業者の中には即日対応をしている場合もあります。
即日で代金の支払いを行っている業者ならば、すぐに必要な資金に充てられる点がメリットです。
売掛債権を処分するのは現金化までに時間をかけたくないことが理由なので、素早い対応をしている業者を選択したほうが良いです。


ファクタリング業者とひと口に言っても、今では数多くの会社が参入しています。
会社ごとに売掛債権の買取金額は異なるので、いくらで買ってくれるのかも事前に比較することが大切です。
同じ債権なので少しでも高値で取引ができたほうが、企業にとって得です。
業者を選択する際の大切なポイントには、手数料も挙げられます。
手数料は5~20%の間で設定されていることが多く、受け取れる現金と関係してくる問題なので、取引前にホームページを見ていくらの手数料がかかるか知っておきましょう。
運営実績が豊富なことも依頼先にするかを決める上で大事です。
実績が多いことや、創業から長年にわたって営業を続けている業者のほうが信頼できます。
債権を換金する取引を行うわけなので、信用できる会社かどうかは重要なポイントになります。


自分の会社の規模によって、取引に応じてくれる業者が変わります。
一定の規模の会社でなければ取引をしていない業者もあるために、小規模企業や個人事業主の場合は対応が可能な業者を選びましょう。
売掛債権の売却は大事な決定事項なので、業者との連絡をこまめに行いたいと考えて当然です。
親身になって対応してくれる業者と取引したいときは、地域密着型の業者を選んだほうがメリットが大きいです。
全国展開型のファクタリング業者もありますが、遠方地域間で売買をするときは連絡手段が電話やメールが中心になります。
直接的に担当スタッフと話し合いをして取引を進めたい人は、会社の近くの地域の業者に依頼しましょう。
距離が近いほうが電話とメールのみの話し合いではなく、担当者と会って連絡を取り合えます。