ローンと違って返済は不要なファクタリング

TOP > ファクタリングについて > ローンと違って返済は不要なファクタリング

ローンと違って返済は不要なファクタリング

設備投資などで予算が必要な時は、ローンが検討される事があります。
銀行などに相談して、資金を借りている方も珍しくありません。
ただし銀行から借りる為には、審査を受ける必要があります。
審査では、財務の健全性などを確認される事になります。
返済能力は問題ないかどうかを確認される訳ですが、状況によっては審査落ちになるケースもあります。
審査で落とされてしまえば、予算を確保する事もできません。
またローンの場合は、お金を借りることになる以上は、金融会社に返済する義務が生じます。
万が一返済に遅れてしまいますと、金融会社に対する手数料が高くなりますから、注意が必要です。
ところで資金を確保する手段は、何もローンだけではありません。
ファクタリングという商品も検討してみると良いでしょう。


ファクタリングは、企業が抱えている売掛金を買い取ってもらう事になります。
銀行やファクタリングの専門業者で申し込みをする事になります。
ところでファクタリングは、上述のローンとは全く異なります。
ローンの場合は、もちろんお金を借りる事になる訳です。
ファクタリングという商品は、金融会社から融資を受けるのではなく、あくまでも売掛金を売却する形になります。
ファクタリングにも審査はあって、基本的には売掛金の状況を確認される事になります。
確実に回収できる売掛金であるかどうかを確認されるのであり、返済能力を審査される訳ではありません。
その点は、ローンとは大きく異なる訳です。
ただしビジネスローンと同じく、金融会社には所定の書類を提出する事になります。
決算書なども必要です。


そして多くの企業は、ファクタリングはローンよりもメリットが大きいと感じています。
その主な理由は、返済の義務です。
ビジネスローンなどの商品ですと、銀行にお金を返さなければなりません。
数ヶ月や1年以上に渡って返済が続きますから、負担が大きいと感じている企業も多いです。
まして返済に滞ってしまえば、手数料も大きくなってしまいます。
それに対してファクタリングの場合は、金融会社に返済する訳ではありません。
あくまでも売掛金を買い取ってもらう形になりますから、長期間に渡って返済することはありません。
手数料はかかるものの、返済のプレッシャーもありませんから、活用しやすいという声も多いです。
ですから事業資金を確保したい方々は、ローンでなくファクタリングを選んでいる事も少なくありません。