TOP > ファクタリングについて > 売掛金担保とファクタリングはどちらがおすすめか

売掛金担保とファクタリングはどちらがおすすめか

売掛金には、複数の活用方法があります。
その1つは担保です。
そもそも事業資金を調達したい時は、担保ローンという方法もあります。
不動産担保ローンもその1つで、比較的大きなお金を借りられるメリットがあります。
その担保ローンにも色々な種類があり、その1つが売掛金です。
いずれ支払われる予定の売掛金を抵当に入れれば、融資をしてくれる金融業者もあります。
それだけでなく、売掛金は売却する事も可能です。
ファクタリングの専門業者に依頼をすれば、買い取ってもらう事もできます。
急いで資金を確保したい時などは、よくファクタリングが活用されています。
では、売掛金担保ローンとファクタリングのどちらがおすすめかというと、基本的には後者です。
前者の担保ローンと違って、資金を確保しやすいからです。


売掛金を担保に入れる融資商品は、審査は2段階になります。
まず1段階目は、売掛金そのものに対する審査です。
金融業者としては、売掛金が健全でないと困ってしまいます。
確実に支払われる売掛金でなければ、金融業者が赤字になってしまう可能性があります。
ですから回収確率が高い売掛金であるかどうかを審査される訳です。
そして2段階目は、融資を受ける側の審査です。
融資商品ですから、お金を返済してもらう事になります。
肝心の返済が滞ってしまえば、金融業者としては大変困りますから、融資希望者の返済能力も確認する訳です。
ですから返済の能力次第では、審査落ちになってしまう事があります。
赤字決算の会社ですと、返済能力を疑われてしまい、融資が難しくなるケースもあります。
それは担保ローンのデメリットの1つです。


ところが上述のファクタリングという方法は、話は全く異なります。
その買取の方法の場合、基本的に審査は1段階になります。
審査で重要視されるのは、売掛金の回収確率です。
ファクタリングの業者としても、売掛金を回収できないのは困るからです。
そして上述の担保ローンのように、お金を借りる側に対する審査は、そこまで厳しく行われません。
ファクタリング申し込み者に対する審査は行われますが、返済能力までは確認されないケースが殆どです。
というのもファクタリングという商品は、お金を借りる訳ではありません。
売掛金を売却するシステムになる以上、返済能力は問われない訳です。
ですから担保の融資商品と比べると、ファクタリングの方が資金を確保しやすいです。
それを考慮すれば、売掛金を担保にするというより、ファクタリングがおすすめです